わたしの引越し体験~引越屋さん探し

もうすぐ、今の自宅に引越しをして1年になります。 友人が結婚するので、借りていた格安の家賃のマンションの部屋を出ることになり、 その部屋がわたしの勤務先から近く通勤に便利な場所だったので大家さんに紹介してくれたのです。

マンション自体古い建物で築30年は経っていると思いますが、 立地のわりにはあまりにも家賃が安いので「もしかして事故とか何かワケあり物件じゃないの? オバケ怖い!」という心配も、友人が何事もなく住んでいた実績があるので問題無く、 さらに友人からの紹介で不動産会社に手数料を払うこともなくスムーズに決めることができました。 友人の結婚式が終わって引越しの話が出たのが7月初め、 7月末に部屋が空くので8月初めに入居を目指して、約1ヶ月で引越し準備をすることになったのです。

まず、わたしが最初に始めたのは引越し業者を探すことでした。一人暮らしで荷物はファミリーに比べて少量なので、安く済むだろう、と軽い気持ちで考えていましたが、インターネットで引越し費用の見積もり比較サイトを検索したり、 引越し会社のサイトから申し込みをしたところ、わたしが考えていたよりも高い金額が表示され、日数があまり無いこともあり、この時は本当に焦りました。

そして希望金額に近かった数社に電話をし、 聞いたところ「実際に荷物の量を見なければ正確な見積もりは出せない」ということがわかりました。平日の昼間は仕事をしているので、なかなか見積もりに来ていただく時間もとれず、結局1社に平日夜にお越しいただいて粘りに粘って希望金額で引越しをお願いすることができました。引越日時、金額が決まったのは入居日の2週間程前です。これを決めるまでが焦りと不安で本当に大変でしたが、あとは引越当日まで楽しみながら、少しずつダンボールに荷物を詰めて準備を進めました。

当日は荷物が少量とはいえ、2トントラックと作業員さん2名を付けてくださって、 梱包や養生も大変丁寧でトラブルも一切無く、 「やっぱり引越業者さんに頼んで良かった」と心から思いました。次に引越しする時も同じ業者さんにお願いをしようと決めています。 それから良い条件で部屋を紹介してくれた友人にも感謝しています。